#author("2016-11-14T17:29:26+09:00","","")
#author("2018-04-17T23:57:00+09:00","","")
*ルール(比較) [#w482c96f]

カードゲームに詳しい人は、ルールを長々と説明されるよりほかのTCGとの比較でルールを見たほうがわかりやすいと思うので書いておきます

|ルール|The Elder Scrolls:Legends|説明|近しいもの|
|デッキ枚数|50~70枚|||
|デッキ枚数|50~100枚(3色のカードが入る場合は75~100枚)|||
|同じカードの制限|3枚まで|ユニーク(Unique)カードは1枚のみ||
|色の概念|あり(5色+無色)|同じデッキに色は2種類まで||
|色の概念|あり(5色+無色)|同じデッキに色は2種類(3色のカードが入る場合は3種類)まで||
|持ち点|30点|5点ごとに区切りがある|Mtgの持ち点制にDMのシールド制を足した感じ|
|初期手札|3枚|||
|手札制限|あり(10枚まで)|||
|マリガン|あり(1回)|任意の枚数だけマリガンできる|HSと同じ|
|コストの概念|あり|コストは1ターンの初めに1ずつ増えていく(最大12)|HSと同じ|
|後攻の調整|+1コスト×3|3回、任意のターンに+1コストを得る|HSのコインが3つもらえる感じ|
|ユニット|クリーチャー|各ボードには8体まで設置可能||
|ユニットの数値|パワー/ヘルス||Mtgのパワー/タフネスと役割は同じ|
|召喚酔い|あり|||
|割り込み|制限つきであり|Prophecyが発動すると相手のターンに一時的に行動できる|DMのシールドトリガーやVGの坊主めくりに似ている|
|山札切れ|ペナルティあり|カードを引くたび1つ先のルーンのところまでダメージを受ける||
~
~
----


#pcomment(noname)

トップ   このページを編集する 編集された箇所をみる バックアップ 画像を添付する 複製 名前変更 リロード   新しいページを作る ページ一覧 単語検索 最近更新されたページ   ヘルプ   最終更新のRSS